「日本YA作家クラブ」 会則

INDEXへもどる

 

【会の名称】 日本YA作家クラブ    英語名 The Japan Young Adult Writers' Club

【目的】 WEBを活用したYA情報の提供、YAのPR。

【活動内容】

(1) 無料サイトを利用して「日本YA作家クラブ」のホームページをつくり、一般のインターネットユーザーに向けて、次の情報を掲載する。

 会員名簿、会員の著作リスト、YA情報ブログ、入会案内、等。

 ホームページには会員の連絡先は記載しない。
 会員の住所録の作成、配布はしない。
 ホームページの情報は、年2回(2月/8月の会報発行後)更新する。
 「YA情報ブログ」は、随時、会員が情報を更新する。別記の使い方を参照のこと。

(2) 会員へ、会報を年2回(2月/8月)メールで刊行する。

 会報の主な内容は、会から会員へ向けた連絡事項、活動報告、著作リストの更新の呼びかけ、会員の承認や採決が必要な案件のお知らせ(メール総会)と返信の呼びかけ、などとする。
 会員は会報メールの返信によって、会への意思を伝える。
 決定事項は、ホームページ更新時で反映される。
 メールの送受信が困難な会員には、FAXを利用する。紙面での対応を希望する場合は、連絡用の送料と宛名を明記した封筒をそえて事前に申し込む。
 緊急を要する場合は、臨時会報メールをその都度発行する。

(3) YAのPRとなる講演会、イベント活動等への連携、および協力。

 当会へ講演やイベントの依頼が発生した場合、依頼主の条件に該当する会員らに情報を提供する。
 情報提供後は、依頼主と会員個人との契約とする。
 参加費出展費が発生する場合は、会員個人の支出とする。講演料や出演料が発生する場合は、会員個人の収入とする。当会は、金銭の授受に関わらない。

【活動方針】

(1) 会費は取らない。
(2) 作家に授与する賞は作らない。会として批評をしない。
(3) 政治・宗教・信条には関わらない。
(4) YAの様式やあり方を統一しない。

【会員】 本会は、次の条件をすべて満たした者を会員とする。

(1)「YAを書いている」「YAも書いている」という意識を持っていること。
(2)日本語でYA作品を発表していること。
(3)紙媒体の商業出版の場で、YA作品を発表していること。
(4)現役の作家、翻訳家であること。

補足 
(1)「何をもってYAとするか」は、作家個人の判断とする。
(2)国籍、居住地は問わない。
(3)単行本、または、アンソロジーや新聞・雑誌などの掲載。WEBやケータイ小説のサイトやフリーペーパーや同人誌での掲載は含めない。
(4)2001年以降にYA作品を発表している作家、翻訳家。10年以内にYAの新作を発表していること。

【入会】 本会に入会を希望する者は、会員1名以上の推薦を必要とし、所定の入会申込書を提出し、代表世話人1名以上の承認を得て会員となる。
 会員1名の推薦がない場合は、これまでの著作などを資料とし、会報にて推薦者を募る。推薦を得られない場合は入会を保留とし、次の会報にて推薦者を募る。

【会費】 本会は会員から会費を徴収しない。会として、金銭の授受には関わらない。
 イベントなどで金銭の授受が発生する場合は、そのつど、当事者が対応する。

【退会】 退会しようとする者は、退会届の提出を要する。

【除名】 10年以上YA作品の発表がない会員、または本会にふさわしくないと代表世話人が判断した会員は、代表世話人の判断で除名することができる。  

会の運営について

 

上へ

 

INDEXへもどる

 

 


これより下は、レンタルサイトの広告です。会とは無関係です。